2017年8月30日 (水)

ティガマスク最終原型

夏の長雨で数日前にようやく透明マスクが作れました。
本日、マスクの原型終了。 裏を削り過ぎて穴が開いたり・・・
この後型作りです。
タイマーも同じ要領で進みます。

Img_4403

透明マスクの裏から黒を吹いてみました。
この時点では余り意味なかった~

Img_4406
この時点ではガンガン削りました。

Img_4409
後どのくらい削るのか・・・ 良く判りません。

Img_4410
だいぶ削った感じ!

Img_4413
ちょっと裏から白を塗って確認してみました。
写真はさらに削った後。


Img_4414

だいぶ削れています。 やりすぎて額に穴が・・・
瞬着で直します。(''◇'')ゞ


Img_4421

サフを吹いて完成!


Img_4423

Img_4431
裏はこんな感じになりました。 後は皆さんにお任せします!

2017年8月14日 (月)

光を継ぐもの 3

なんとまあ・・・ 思ったより長く生きてたようで、本日で59歳になってしまいました。('◇')ゞ

と言う訳では無いのですが何とか本日中にUPしようとお盆の帰省もせず、原型に着手してまいりました~!

Img_4301
パーツ構成です。 マスクとタイマーは透明パーツとなります。
電飾できそうでしょう!

Img_4306
きれいです・・・ (自画自賛) 透明パーツの原型は、透明に置き換えてから薄く削りたいと思っているので、もうちょっと掛かりますが・・・

Img_4308
下半身の仮組。

Img_4313

Img_4314

Img_4333

Img_4337

Img_4344

Img_4348

Img_4320
こんな塩梅です。 わ~・・・ 仕事が詰まってる・・・


2017年8月 3日 (木)

光を継ぐもの2

WFも終わり、数日仕事に集中しました。(造形をサボったと言う噂もあり・・・)
昨日から、ティガ進めています。
今日はマスクを中心に。
WF会場での貴重なご意見を基に、資料とにらめっこ!

Img_4262

Img_4264

Img_4269
額の透明部分のパーツ分割は、さっきのさっきまで悩みました。
海洋堂の木下さんからの貴重なご意見で、「今回WFで展示された完成品見本のマスクは、透明マスクの裏を薄く削ってリアルさを増した」と教えていただきました。
以前販売されたメガ版のティガの時は、別パーツにしたのですが、接着した際に上手くいかなく残念だったとのこと。
まさしく今回のうちのティガはその方式を取って造形を進めていました。
ただやはり収まりが悪く、同じ轍を踏む気がしましたので、悩んだ挙句に一体とすることとしました。
写真では額の赤い部分です。 この赤いのはラッカーパテです。
最終工程の為、ラッカーパテで微修正。
この後透明用にシリコン型を作り、それを最終原型とする予定です。

2017年8月 1日 (火)

'17 夏のWF

当日の朝、ようやくティガの原型のサフを吹きました。

Img_4227

Img_4228

Img_4229

Img_4230

Img_4231

Img_4232

Img_4233

Img_4234

Img_4236

Img_4241

Img_4242
何とかここまでこぎつけました~ 大胆な分割でしょう! 電飾も楽ちんかも。

Img_4243

Img_4244

Img_4249

Img_4251

Img_4253

Img_4256
森氏、渾身の次回作『ジャミラ』 目が光よ!

Img_4258

Photo
こんな感じです。

2017年7月20日 (木)

ティガマスク

相変わらずの、WF直前ブログとなっています。
中々進まなかったのも事実で、ここに至っては当日は原型展示のみとさせていただき、予約受付となります。
まだまたギリギリまで造り込みたいと思っています。

Img_4145
右が一時原型。 左は複製を加修したもので二時原型になるものです。

Img_4148

Img_4152
額の部品は別パーツとなります。 パーツ構成はいろいろ考えたのですが、作りやすさを考慮し、リアルさを追求しました。

Img_4217

Img_4219
次の工程は、これを原型に透明版を作ります。 それの目の裏を彫り込んだものを最終原型とします。 この時点で額のパーツは別パーツとなっています。 
良く見たらスジボリみたいに見えるでしょ!

次回又!

2017年5月11日 (木)

光を継ぐもの

キリエロイドも終わり、次なるは『光を継ぐもの…』
Img_3757
左から20cmサイズ、30cmサイズ、そして・・・

Img_3761
Img_3772
一時原型です。 キャストに置き換え細部を詰め、シャープにしていきます。

Img_3906

Img_3914

Img_3931

Img_3950

Img_3972
現在の『光』です。
マスクは別途進行中!

2017年4月21日 (金)

怪獣ワールドフェスティバル 参加!

前々日になってこっそり告知! 早いもの感満載になります(笑)

画像に含まれている可能性があるもの:靴

30cmサイズ ウルトラセブン(A)
久しぶりの販売!
新価格20000円+消費税→16000円(イベントサービス価格)
*ごく少数です。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上
34cmサイズ エースキラー
新価格22000 円+消費税→18000円(イベントサービス価格)
*ごく少量です。


画像に含まれている可能性があるもの:1人、靴
35cmサイズ ウルトラマンタロウ
価格20000円+消費税→18000円(イベントサービス価格)
*ごく少量です。


画像に含まれている可能性があるもの:靴
34cmサイズ キリエロイド
価格20000円(消費税サービス)
*ごく少量です。

2017年3月 9日 (木)

キリエル人Ⅰ 最終形態

どんだけサボったか・・・ 許して下され~
と言う訳で '17冬のWFでようやく販売となりました。
4月のアキバでの特撮GKイベントと夏のWFでも販売予定ですが、何より一般版権ですのでいつでもご注文お願いいたします。(販売個数に限度ありますが(笑))

Img_3517

Img_3518

Img_3520

Img_3550

Img_3558

Img_3563

Img_3565

Img_3569

Img_3570

Img_3576

Img_3578
価格は20000円+消費税(送料サービス)となります。
メッセージ待っています!

2016年7月23日 (土)

キリエル人 襲来3

明日のWFを販売開始と考えていましたが、本業に追われてしまい原型展示のみとなりました。
しかも、完成体ではありません(涙)
ただ、途中でその展示さえも挫折しかねないところを、知人のパワーでモチベーションを取り戻させていただきました。
その人は海洋堂の木下氏です。
数日前に工房に遊びに来ていただき、海洋堂から新発売の『ミラーマン』と『阿修羅観音』を拝見させていただた際、相も変わらない仕事の丁寧さと、造形に対する真摯な姿勢に凹んでいた自分の気持ちがググッと引き上がってくるのを感じました。
その後の数日でなんとかここまで持ってきました。
これから少し時間を頂きより良いものに仕上げたいと思います。
完成、販売は約一月後と考えています。
WF会場においてキット代を頂いた方には送料、消費税をサービスいたします。
価格は20000円となります。
全高32cm キャストキット 一部クリヤーパーツ

完成後に再襲来の可能性あり!


Img_2486
Img_2487
Img_2489
Img_2494
Img_2498
Img_2497
Img_2499




2016年6月27日 (月)

キリエル人 襲来2

ようやく下半身を接着。
モールドはまだまだですが、むっちりスポンジの入った下半身を再現!

Img_2385
Img_2388
Img_2389
Img_2390
Img_2391
Img_2386
Img_2392
Img_2393
Img_2394こんな感じです。
一度型取りして透明パーツ用の部品を制作します。
絶対電飾!

«キリエル人 襲来!